物流アウトソーシングの内容と費用

物流アウトソーシングをご検討されるうえで、一番重要で、かつ難解なのが、物流アウトソーシングを行った場合の費用(コスト)のとらえ方です。
「入荷料」「出荷料」「保管料」といったものは比較的理解がしやすいかと思いますが、「デバンニング料」や「管理費用」といった特にご経験者ではない限り、一見、わかりにくい項目が並んでいるのが通常かと思います。さらに、同じサービス内容であっても、倉庫会社・発送代行会社によって、表現が変わってくるため、経験者でもない限り、なかなかサービスレベルをあわせて、コストを比較するのが難しいのが実情です。
ここでは、物流アウトソーシングにかかる費用について簡単に触れるとともに、見るべきポイントについて簡単に説明したいと思います。

1.物流アウトソーシングにかかる一般的な費用

一般的に、物流アウトソーシングは、人と場所、マテハン(マテリアルハンドリングの略。棚やフォークリフト、台車、ベルトコンベヤーと呼ばれる器具備品類)、情報システムといった要素から成り立つサービスです。そのため、各社各様ではありますが、提供するために必要な要素を調達するためのコストに着目して、それぞれの課金方法を定めることが多いようです。以下では、代表的なものをいくつか見てみましょう。

1)保管料または使用料
読んで字のごとく、お客様の在庫を保管する費用です。スペースに応じて坪あたり月額〇円と決まるケースもあれば、1パレットあたり1期(注:期とは、月を数期(10日ずつ3分割する3期制が代表的)にわけて、それぞれの期にかかった費用を合計したもの)あたり〇円、という表現で課金される場合もあります。個数や荷物の容積に応じて課金する変動費的なケースもあるようです。在庫回転に応じて、どのような費用体系をとるのがよいかを検討すべきといえますが、一方で期中の在庫の動きをリアルタイムでとらえるのは難しい実情もあり、変動費的な費用体系を提案できるサービスは限られていて、月の使用スペースや3期制のようなやや変動的な費用体系をとる場合が多いようです。

2)入荷料または入庫量、入荷検品料等
これは、物流アウトソーシングを委託するネット通販事業者等の荷主から送られた在庫を受託する側の倉庫会社・発送代行会社が受け取り、倉庫内の所定場所に保管するまでの業務です。委託する側と受託する側、在庫という資産の授受になるため、事前に委託する荷主から、荷物の種類や数量・重量、到着予定日、送り状番号といった情報を受託する倉庫側に知らせたうえで、受託する側の倉庫が、到着した荷物を受け取り、数量を確認して、所定の棚に保管したうえで、実際に到着した荷物の数量等を報告するという業務の流れになっています。
なお、ここで荷物を預け入れる際の業務としてデバンニングというものがあります。これはコンテナで運ばれた荷物をコンテナから取り出す作業になり、別途工数がかかるものであるため、発生した場合のオプションとして別途見積もりがされます。
入荷は上述のように、在庫という資産を適切に管理するための出発点です。どこまで正確性を追求するかにより、コストが変わってきます。箱を一度開けて、商品の点数を数えて、さらに破損がないかチェックして、ということを要望すると、在庫管理という点では高い精度になりますが、一方でコストが高くなります。逆に、到着した箱ごと保管し、特に中身を数えたりせず箱やパッキングリスト記載の数量をもってまずは実績を返す方法もありますが、在庫管理の精度は落ちる分、コストは安くなります。
入荷料は、その数量に応じて人を手配するため、ほとんど1個ないし1箱〇円のような変動費によるチャージとなっています。